FC2ブログ
面白い事を探したい。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    人気ブログランキングへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
    ご訪問頂き有難うございます。今後もよろしくお願い致します。

壮大なる毒親ソング

Soft Cell - Where The Heart Is (1982)

2nd Album 『Art of Falling Apart (1983)』に収録

1978年に、イングランドはリーズでマーク・アーモンドとデイヴ・ボールに
より結成されたシンセ・デュオ。
マークによる耽美的な世界観の歌と、デイヴによる歓楽的なサウンドが
妖しく溶け合ってます。

この曲は「親の心子知らず」というより「親の心子に至らず」といえる、ま
るで『毒になる親』という本で取り上げている、機能不全家族がモデルの
親による、子供への心理的虐待を壮大に歌い上げてます。
「彼ら(両親)は、家がいちばん落ち着く場所だと言うけど、家は苦痛があ
るだけ。」という歌詞が印象的。
当時のマークのインタビューで、母親はこの曲が嫌いだと話してますので、
実体験による作詞を窺わせます。

ちなみに、『毒になる親』の原題は『Toxic Parents』で、「有毒な両親」と訳
したほうが分かりやすいかも。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://musicase.blog117.fc2.com/tb.php/241-84a1814f
カレンダー
< 2018年12月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アブスト

Author:アブスト
少しずつ話題のジャンルを、
変えて行きたいと思います。

ブロとも申請フォーム
サイト内ランキング
アクセスランキング
ブログ内検索
Amazon商品一覧【新着順】
お笑いナタリー
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

StyleKeeper
お気に入り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。