FC2ブログ
面白い事を探したい。 

ジャズは停滞から抜け出せるのか?

今回は前々回で予告していた音楽ネタを。ほんとは6月に書くつもりでしたが・・・。
それにしても、YouTubeが貼れるようになって良かった!

戦後間もなく創刊されたジャズ専門誌「スイングジャーナル」は、広告収入が落ち
込み休刊へ。そして残されたスタッフ達が、新たにジャズ専門誌「JAZZ JAPAN」
を創刊したそうです。

ジャズ専門誌「スイングジャーナル」休刊へ - MSN産経ニュース
スイングジャーナル、「JAZZ JAPAN」に生まれ変わり8月創刊へ - MSN産経

ほとんどロックしか聴かない私が、ロックコンサートでの飛び跳ねる縦ノリに辟易
して聴き始めたのが、身体を揺する(スイングする)ジャズでした。
ちょうどその頃、「ジャズって何を聴けばいいのか?」と思っていた時に偶然見つ
けたCDが、「スイングジャーナル・プレゼンツ・ジャズ・スタディーズ」シリーズでし
た。

スイングジャーナル
スイングジャーナル・プレゼンツ・ジャズ・スタディーズ

出来るだけ広範囲に知りたがる自分には、うってつけの内容で、特にスイング・
ジャズ編、ビー・バップ編、クール・ジャズ編がお気に入りです。とりわけスイング
・ジャズ編は、CDを掛けたとたん映画「ラジオ・デイズ」のように、1930、1940年
代当時のラジオから曲が流れているのでは、という雰囲気になります。
また、ビー・バップ編、クール・ジャズ編は内容はもちろんの事、ライナーを書いて
いる栗村政昭氏の史実を正確に伝えようとする姿勢が素晴らしく、ジャズの歴史
を学べるものになっています。

で、これらを踏まえて疑問に思ってる事が・・・。
クール・ジャズの第一人者、レニー・トリスターノのWarner Music Japanから発売
されている「鬼才トリスターノ」のキャッチコピーは「クール・ジャズの歴史的名盤」
となっていますが、コレ売るためのキャッチコピーで、クール・ジャズというジャン
ルに限って言えば、事実とは違いますよね?
トリスターノによるクール・ジャズの歴史的な録音は、1949年のキャピトル録音、
つまり「Lennie Tristano and Warne Marsh / Intuition」が「クール・ジャズの歴史
的名盤」ですよね。


Lennie Tristano Sextet - Marionette (1949)

クール・ジャズの歴史的名盤が「鬼才トリスターノ」だと、クール・ジャズ自体が
誤解されるのでは?
黒人中心のホットなビー・バップに対抗して作られたような、白人中心のクール
なその名もクール・ジャズな訳ですから、その名称を超えるような特別な意味は
無いように思います。
売るためだけの事実と違うキャッチコピーは、ジャズ(ジャンル)全体を混乱させ
難解なものとし、結果として受け手の敬遠を招き、ジャズ(ジャンル)の停滞を起
こさせると思います。

それでは、トリスターノを探していて偶然みつけた、ウェスト・コースト・ジャズの
ショーティ・ロジャースの映像も格好良かったのでどうぞ。


Shorty Rogers and his Giants - The Outsider (1962)

テナーサックスGary Lefebvre作の曲。この動画をアップしているのも御本人の
ようです。



スポンサーサイト



カレンダー
< 2010年09月 >
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
プロフィール

アブスト

Author:アブスト
少しずつ話題のジャンルを、
変えて行きたいと思います。

ブロとも申請フォーム
サイト内ランキング
アクセスランキング
ブログ内検索
Amazon商品一覧【新着順】
お笑いナタリー
RSSフィード
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

StyleKeeper
お気に入り